No Data.
 
 
 
 
  人蔘(にんじん)
  Latin名 Ginseng Radix
  一般名 人蔘
  基源(学名)
  Panax ginseng C. A. Mey. (Araliaceae) -(ウコギ科)
藥材寫眞 基源寫眞  
  三黃枳朮丸(さんおうきじゅつがん)
    作用部位 內傷
    主治病症 傷食(しょうしょく)
    效能 淸熱瀉火, 消食化滯
    製劑法 末, 湯浸, 蒸餠和丸, 綠豆大
    用法 1回50~70丸, 湯水で服用.
    出典 東醫寶鑑
  Acetophenone
  Hypnone
  Acetylbenzene
  1-Phenylethanone
  Methyl-phenyl-ketone
  Methyl phenyl ketone
    Phytochemical groups Benzenoid
    Moecular Formula C8H8O
    Molecular Structure
  2D
  3D
  傷食(しょうしょく)  
    病症解釋 傷食(しょうしょく). 食傷. 飮食を過度に食べて脾胃の運化機能が失調して起こった病. 初期に胸脘が膨滿して重苦しく,呑酸, 噫氣, 腐臭, 厭食, 惡心, 嘔吐, 泄瀉などがある. 風邪と似ているが氣口脈が人迎脈より大きい. 長く停滯すれば宿食になる.
    關聯處方 加味二陳湯 (かみにちんとう)
紅丸子(こうがんし)
治傷食惡食方(ちしょうしょくおしょくほう) , .....
  麩炒枳實(ふしょうきじつ)
    關聯生藥 枳實 A(きじつ)
    修治說明 枳實の生品は破氣化痰作用が强いが正氣損傷の虞れがある. しかし麩炒すれば刺激性が緩らぎ、正氣損傷を防ぎ、散結消痞作用が强くて胃脘痞滿, 下痢泄瀉に用いる. ....
 
初めての方..... 廣告問議..... 個人情報保護..... 会員入会..... FAQ..... Tradimed.....
(C)Copyright 2001~5. TradiMed.Pte. All rights reserved.